「氷の神殿」間近で体験しませんか 2月末までトレッキングツアー

 
氷の神殿とも呼ばれる巨大氷柱が出現する二ツ小屋隧道

 福島市のNPO法人いいざかサポーターズクラブは今月末から、トンネル跡地にできる巨大氷柱を目指してトレッキングする「氷の神殿 万世大路(ばんせいたいろ)スノーシュー」を開始する。天候条件によるが、2月末までの予定。

 巨大氷柱は、福島市と山形県米沢市にまたがる栗子峠の旧道「万世大路」の廃トンネル「二ツ小屋隧道(ずいどう)」に出現する。天井の割れ目から滴り落ちた水が厳しい冷え込みで凍り、「氷の神殿」とも呼ばれる幻想的な景観を生み出す。

 ツアーは冬季限定。福島交通飯坂線飯坂温泉駅集合、解散で、会場までスタッフの車で移動する。料金は1人6千円。スノーシューやトレッキングポール、ヘルメットのレンタル料、ガイド料、保険料を含む。12歳以上が対象で、各回2~5人。午前の部と午後の部の1日2回。申し込みは同クラブホームページから。問い合わせは同クラブ(電話024・529・6125)へ。

 除雪帯など駐車禁止

 国道13号の除雪作業や安全な通行のため、冬季期間、東栗子トンネル付近の除雪帯やチェーン着脱所は駐車禁止。個人で万世大路や二ツ小屋隧道を訪れる場合は自己責任となる。