高校生が力強くみずみずしい演技披露 福島でテルサ演劇祭初開催

 
力強い演技を繰り広げる高校生たち

 福島市内の高校生が出演する「テルサ演劇祭」が15日、福島市のキョウワグループ・テルサホールで開幕した。初日は福島成蹊、福島東稜、福島南の3校の生徒が力強くみずみずしい演技を繰り広げた。22日まで。

 市と市振興公社が、若い世代に演劇を披露する場を提供しようと初開催した。同市を拠点に活動する演劇集団「劇団120○EN(ひゃくにじゅうえん)」も出演する。

 福島成蹊は太平洋戦争を題材にした創作劇を披露。同市渡利地区に投下された模擬原爆などを取り上げ、戦争の恐ろしさを表現した。