農業・水産高ネット販売 19日から、県内8校の農産物や加工品

 

 県内の農業・水産高校計8校が19日から、インターネットで各校の生徒が手がけた農産物や加工品の販売を始める。県高校教育研究会農業部会の主催。

 生徒が新たな流通、販売方法を学ぶことで、学習と生産の意欲向上を図り、農業や水産経営への関心を高めようと実施する。

 参加校は福島明成、岩瀬農、白河実、修明、会津農林、磐城農、相馬農、小名浜海星で、コメやみそ、そば粉、ジャム、缶詰などを販売する。

 2月10日まで。商品がなくなり次第終了する。修明高が運営するウェブページ「修明Online(オンライン)」(https://shumei‐online.raku‐uru.jp/)で注文する。商品は宅配か、修明高で直接受け取る。

 各校の商品と販売価格

 白河実=精米・コシヒカリ(2キロ630円)▽修明=精米・コシヒカリ(3キロ1050円)▽磐城農=精米・コシヒカリ(5キロ1580円、10キロ3150円)ジャムセットB(3種1260円)▽会津農林=そば粉(1キロ1370円)▽福島明成=みそ(3キロ1580円)ジャムセットA(6種2100円)▽相馬農=みそ(2キロ840円)トマトジュース(10本2100円)▽小名浜海星=さば水煮缶詰(6個630円)いわし味付缶詰(6個760円)さば・いわし缶詰詰め合わせ(各3個計6個700円)▽修明・会津農林=ジャムセットC(3種1050円)

 ◇学校オリジナルセット ▽岩瀬農=岩農セット(コメ1パック、ぶどうジャム、りんごジャム各1個1050円)▽相馬農=相農セット(トマトジュース2本、ラクピスレモン1本、りんごジャム2個1260円)