コロナ収束願い特大アート作成 湯川、勝常小6年生が描く

 
薬師如来坐像の特大アートを描いた勝常小の6年生

 湯川村の勝常小の6年生12人は、新型コロナウイルスの収束を願い、学校近くの勝常寺に安置されている薬師如来坐像をベースとした特大アートを完成させた。「希望ARTプロジェクト」と題して取り組んだ。病気を治し、災いを収めるとされる仏の絵には「コロナで落ち込んでいる人が私たちの作品を見て希望を持って生活できるように」との思いを込めた。

 児童は本年度の総合的な学習の時間にコロナ禍で自分たちができることを考え、自分たちが得意で好きな絵を描くことで見る人に明るい気持ちになってもらおうとプロジェクトを進めた。「明けない夜はない」「ずっと悪い事ばかりが続くわけではない」などの思いを表現しようと、縦2・7メートル、横3・6メートルのシートには薬壺(やっこ)と呼ばれるつぼを持った薬師如来坐像をアクリル絵の具で色彩豊かに描いた。小さな円には村内の小中学校から募集した「コロナが落ち着いたらしたいこと」が書かれている。

 アートは学習発表会や村の産業文化祭で披露され、アートの印刷物は勝常寺に飾られた。

 星空夢(らむ)さんは「家族やほかの人にも『すごいね』と喜んでもらえた。もっといろんな人に見てもらいたい」と、学校に掲げられたアートを見ながら語った。担任の佐藤信野教諭は「子どもたちは、たくさんの人に元気を与えられることがないか真剣に話し合った。みんなの思いが形になった」と話した。