見つけたのは...南会津のわたし♪ 新生・南会津高校歌、今春開校

 

 県教委が18日発表した南会津高(南会津町)の校歌は、生徒の学校生活の様子が思い浮かぶような校歌に仕上がった。同校は県立高校改革の一環で田島と南会津が統合して今春開校する。

 「教室のなかで考えたり」「アナログの筆記具」「先生、先輩、後輩」など、高校で過ごす生徒の姿や学校生活に関するような言葉が登場する。1~3番の歌詞はいずれも「南会津のわたし」で締められ、南会津町の統合校として印象的な歌詞に仕上げた。

 郡山市出身の作家古川日出男氏、作曲家の田中達也氏が制作。両氏は昨年南会津地域を訪れ、南会津、田島の両校などを巡ったほか、南会津の歴史や文化、自然などに触れた。このほか、古川氏は田島高の生徒から学校生活や南会津町などについての思いを聞くなどして制作に当たった。