すぐ食べるなら手前から...福島市がポップ作製、コンビニに掲示

 
「てまえどり」を呼びかけるポップ

 福島市は、商品棚の一番手前にある商品を購入する「てまえどり」をPRするポップを作製し、18日から市内のセブン―イレブン各店舗に掲示している。販売期限の迫った商品を積極的に購入することで食品ロス削減につなげる。

 市内のセブン―イレブンは69店舗(昨年12月末現在)。ポップの贈呈式が18日、福島福商前店で行われ、市ごみ減量推進課の中野貴幸課長が斎藤文雄オーナーにポップを手渡した。