文化財の火災対策万全に 若松、下荒井観音堂で放水訓練

 
放水訓練に取り組む参加者

 26日の文化財防火デーを前に、会津若松市などは22日、同市北会津町の下荒井観音堂で火災防御訓練を行った。参加者が訓練を通して文化財保護や防火への意識を高めた。

 市教委のほか市消防団、会津若松消防署、下荒井町内会などから関係者約50人が参加。観音堂で火災が発生したとの想定で、参加者が初期消火や堂内にある貴重品の持ち出し、放水などの訓練に取り組んだ。閉会式では渡部幸三会津若松消防署長が「文化財を後世に残すため、防災機関と地域で一致団結してほしい」とあいさつした。