各社の取り組みたたえる 県、ワーク・ライフ・バランス大賞表彰

 
小笠原部長から賞状を受けた(左から)野渡社長、清水工場長、木村経営企画部長

 県は24日、県庁で本年度の「県ワーク・ライフ・バランス大賞」の表彰式を行い、大賞に輝いたDNPテクノパック泉崎工場(泉崎村)などの功績をたたえるとともに、働きやすい職場づくりの機運醸成への協力を求めた。

 「先進的取組大賞」に本宮市の製造業飯田製作所、「男女共同参画大賞」には会津若松市の製造業会津オリンパスが選ばれている。

 小笠原敦子商工労働部長が、DNPテクノパック泉崎工場の清水悟工場長、飯田製作所の野渡透一社長、会津オリンパスの木村圭経営企画部長に賞状と盾を手渡し「働き手の確保には魅力ある職場づくりが重要になる。各社の取り組みを進化させ、社会全体での機運醸成を一緒に図っていきたい」と述べた。