最優秀賞に庄司さん(東和小) 親子で作るまごころ食育お弁当

 
最優秀賞に選ばれた庄司さんの「父の畑の野菜まるごとヘルシー弁当」

 県北地区の地元食材を使った弁当の出来を競う第10回県北産「親子で作るまごころ食育お弁当」コンクールの2次審査は9日、福島市のパルセいいざかで行われ、庄司莉子さん(東和小5年)が最優秀賞に選ばれた。県北食品衛生協会の主催。

 栄養バランスを考えた弁当作りを通して親子の触れ合いを深め、地産地消や食育への意識を高めてもらおうと開かれている。県北地区の小学5、6年生の親子が対象で、地元食材が2品以上入った弁当を募った。過去最多となる578点の応募があり、書類による1次審査を通過した50点を審査した。アイデアや食材、栄養バランス、彩りなどを審査し、各賞を決めた。

 庄司さんは「父の畑の野菜まるごとヘルシー弁当」と題した弁当を出品した。ジャガイモやニンジン、キュウリ、トマト、カボチャなどを使い、彩りをよくした。庄司さんは「普段も同じように野菜たっぷりのお弁当を食べており、驚きました」と感想を語った。

 表彰式では、丹野善一会長が入賞者に賞状や記念品を手渡した。食育講話も行われた。

 最優秀賞以外の入賞者次の通り。

 優秀賞=渡辺愛心(吉井田6年)小島優衣(鎌田5年)▽県北調理師会長賞=和田心(油井6年)▽福島市弁当総菜協会長賞=佐藤瑠菜(東和6年)▽JAふくしま未来組合長賞=八巻ゆみな(鳥川6年)