いわきに酔いまくる!サクマ&ピース 中テレ、12月3日から第4弾

 
第4回「ネオクリスマスいわき編」(12月24日放送予定)は、ゲストにいわき市出身のゴー☆ジャスさん(左)が登場!

 テレビプロデューサー佐久間宣行さんとお笑い芸人の平子祐希さん(アルコ&ピース)が、互いの故郷いわき市を巡る、福島中央テレビ(中テレ)制作の「サクマ&ピース」第4弾が来月3日から放送される。市内のスポットを回りながら地元の人たちの悩みを聞き、二人ならではのプロデュース案を提案していくバラエティー番組だ。全4回の放送分を1日で収録するという、毎度恒例の強行スケジュールの中、二人が取材に答えた。

 ―シーズン4決定の感想は。
 佐久間さん「いわき市だけでこれまで合わせて全16回(1シーズンで4回)番組ができるのはすごいこと。魅力をさらに伝えたい」
 平子さん「地元で仕事ができるのはうれしいこと。住んでいる人も知らないいわき市をお届けできる番組で、地元の人も見る価値がある」

 ―今回は10時間のロケで、番組史上最多の17カ所を巡った。見どころは。
 佐久間さん「グルメや酒が多く出てくる。変わりつつあるいわきとともに、ベロベロに酔っていく2人を見てほしい」
 平子さん「『常磐もの』などつまみに目がいくと思うが、つまみに合うおいしいお酒もたくさん出てくるので注目してほしい」

 ―大企業から町内会の悩みまで、さまざまなプロデュース案を提案した二人。撮影の手応えは。
 佐久間さん「これまでの3シーズンは、いわき市の隠れたスポットなどを紹介していたが、ついに最新スポットを取り上げる新たな展開になった」
 平子さん「今回4軒で酒を飲んだ。日本酒やワインなどいわきにある全部の酒を飲んだ感じ。全ておいしかった」

 ―今回も、全4回を1日で撮影した。4本撮りで工夫したことなどは。
 佐久間さん「工夫はスタッフがしてくれることだと思っていたが、彼らは何も学習していなかった。日本酒の後にワインを飲まされて、ちゃんぽんですよ。かなり酔ってます(笑)」
 平子さん「次の日だって朝早くから仕事が入っているのに酒でぐちゃぐちゃですよ、腹の中(笑)」

 ―収録から感じた街の雰囲気は。
 佐久間さん「コロナ禍の中でスタートした番組だが、新しいことが始まって面白い街に変わりつつある」
 平子さん「おしゃれなスポットもあって若い人が多い。古いものを生かしつつ若者の文化を織り交ぜているところがいい感じ。驚きや新しい発見があった」

 ―番組の今後は?
 佐久間さん「季節ごとに番組をやってきて春夏秋冬の4回目。映画のドラえもんと同じで、行く所がもうないかも!?(笑)」
 平子さん「今まで出会った人たちのその後が気になる。もう一度会ってみたい人もいる。振り返るのもいいかも」

         ◇

 サクマ&ピース シーズン4 福島中央テレビ(中テレ)で12月3日から毎週日曜午後1:00~1:30、全4回放送。各回とも放送終了直後から民放公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」で配信予定。