「受験用じゃない赤本」コーナー、南相馬の図書館...ひときわ存在感

 
「目が疲れないようご注意」と話す司書の佐々木さん

 南相馬市立中央図書館は、館内に「受験用じゃない赤本」コーナーを設けた。赤本(大学入試過去問題集)を想起させる赤い表紙の本がずらりと並び、存在感を放っている。設置期間は来年1月31日まで。

 大学受験シーズンに合わせ、司書の佐々木繁侑(しげゆき)さん(32)が企画。自然科学や中国文化の本など約70冊を集めた。赤い表紙の本はデータベースを使っても調べられないので、収集に苦労したという。

 佐々木さんは「コーナーはとても目立っている。目が疲れないようご注意ください」と笑みを浮かべた。