失敗恐れず挑戦を 元メジャーリーガー、岩隈久志さんが講演

 
挑戦することの大切さなどを語る岩隈さん

 元プロ野球選手で米大リーグ、マリナーズなどでも活躍した岩隈久志さんは13日、いわき市の東日本国際大で講演し、挑戦することの大切さを学生に伝えた。

 講演では、岩隈さんのこれまでの野球人生を振り返りながら、どのように野球と向き合ってきたのかを語った。マリナーズ時代の話では「メジャーは結果にストイックだが、どの選手も好きな野球を楽しくやっていた」と説明した上で「少年時代を思い出し、原点に立ち返ってプレーすることにつながった」と話した。

 岩隈さんは最後に参加した学生約300人に「好きなこと、やりたいことを追い求め、失敗を恐れずに挑戦してもらいたい」とメッセージを送った。

 岩隈さんは投手として2000年にドラフト5位で近鉄に入団。創設から在籍した楽天では、08年に21勝を挙げてパ・リーグ最優秀選手(MVP)と沢村賞に選ばれた。09年にはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選ばれ、優勝に貢献。12年から渡米しマリナーズでプレー、19年に巨人で日本球界に復帰して20年に引退した。