古関メロディーバス2台目導入へ 福島市、EVで青の車体特徴

 
青が特徴の2台目のメロディーバス

 福島市は今春にも、同市出身の作曲家古関裕而の音楽を流すメロディーバスの2台目を導入する。福島交通が同市で初めて導入するEV(電気自動車)バスで、ゼロカーボンをイメージした青の車体が特徴。現在運行中の赤のバスとの2台体制となる。

 「環境にやさしく、乗って楽しいバス」がテーマ。まちなかを走る路線バスのほか、観光、イベントなどで活用する。メロディーバスは古関夫妻をモデルとしたNHK朝ドラ「エール」を縁に運行が始まった。