食品・フィナンシェいちじく、非食品・ネコモチーフ器「金賞」

 
非食品の部金賞の「ネコモチーフ器(小)(大)」(写真上)食品の部金賞の「フィナンシェいちじく」(写真下)

 県授産事業振興会の授産施設新製品(商品)開発コンクールは3日、郡山市で開かれた。金賞は、非食品の部が工房トマトハウス(郡山市)の「ネコモチーフ器(小)(大)」、食品の部はあとりえ北山(杜のどーなつ、いわき市)の「フィナンシェいちじく」が輝いた。特別賞の福島民友新聞社賞には、笹森の郷(福島市)の「ねぎのベーグル」が選ばれた。

 コンクールは本年度で26回目。31施設から非食品、食品の両部門に計54点が出品された。阿部憲夫審査委員長(阿部マネジメントオフィス)ら11人が審査し、各部門の金賞や銀賞など計7点の入賞製品を決めた。表彰式では三浦正一会長らが受賞施設の代表者などに表彰状を手渡した。ほかの入賞製品次の通り。

 非食品の部銀賞=神経衰弱・絵合わせセット(東日本ケアサービス)▽食品の部銀賞=チーズクッキー(こころん)▽農福連携特別賞=会津みそバターラスク(コパン)▽福島民報社賞=藍染つまみ細工カメリアブローチ(スマイルワーク)