うまみ前面 常磐もの魅力発信 松崎さん(東北芸工大)地元で

 
「多くの人に常磐ものといわきの魅力を伝えたい」と話す松崎さん

 東北芸術工科大デザイン工学部企画構想学科4年の松崎春霞(はるか)さん(22)=いわき市出身=が、いわき市のエスパルいわきで「常磐もの」やいわき市の魅力を広く発信する展示会を開いた。松崎さんは「いろいろな手法を用いた発信を考えた。多くの人に伝わればうれしい」と思いを語った。

 展示会は卒業制作の一環で1月4~8日に開いた。常磐ものについて解説するボードなどを展示した。

 大学でマーケティングを学んだ松崎さんは、昨年5月ごろから故郷の魅力をさまざまな方法で発信する活動「Umami project(うまみプロジェクト)」を展開している。プロジェクトでは、常磐ものを使っただしを地元業者と共同開発して市内のイベントで販売した。また、音声配信サービスポッドキャストで番組「Umamiradio(うまみラジオ)」を企画。市内で活躍する人物をゲストに招き、思いなどを紹介した。

 松崎さんは今後、まちづくりに関わる仕事に就く予定だ。「復興というと前の状態に戻ることをイメージしていたが、実際には新しいいわきをつくろうとしている人がいることを知った」と話した。