16歳演歌歌手が会津若松市観光大使に 梅谷心愛さんに委嘱状

 
室井市長から委嘱状、新城理事長(右)から名刺を受けた梅谷さん(中央)

 会津若松市と会津若松観光ビューローは9日、演歌歌手の梅谷心愛(こころ)さん(16)を市観光大使に委嘱した。

 梅谷さんは会津をテーマにした曲「磐越西線ひとり」でメジャーデビューした。昨年9月に行われた会津まつりのステージイベントで歌を披露した。

 鶴ケ城無料休憩所で行われた委嘱状交付式では、室井照平市長が委嘱状、ビューローの新城猪之吉理事長が観光大使の名刺を手渡した。室井市長は「会津の観光振興のため、PRに努めてほしい」とあいさつ。新城理事長は「素晴らしい歌声で観光客を引っ張ってきてください」と激励した。

 終了後、梅谷さんは鶴ケ城天守閣前で2曲を披露。ファンや観光客を前に力強い歌声を響かせた。