高齢者の孤食防ぐ 田村・滝根でみんなの食堂始動 NPOや企業協力

 
滝根町で始まったみんなの食堂事業

 福島県田村市滝根町で食を通じて住民がつながる「みんなの食堂」事業が始まった。NPOや民間企業が協力し、地区住民の孤食対策として夕食を提供する。

 NPO法人サポートたむらが同市滝根町の高齢者を対象に企画。啓誠福祉会が食事場所、食事提供を郡山市のフードサービスがそれぞれ協力した。

 プレイベントは8日、同市滝根町の特別養護老人ホームさくらの里で行われた。参加希望者を施設まで送迎し、食事はバイキング形式で提供した。参加者は「このメニューおいしいね」「どこに住んでいるの?」などと会話を弾ませながら食事を楽しんだ。

 サポートたむらは、高齢者の日常生活支援事業に取り組んでいる。みんなの食堂事業は今後、月1回程度実施していく予定。二瓶竹志代表は「食事の提供など自分たちだけではできない部分を民間企業と協力することで事業ができた。過疎地域でもできる支援の形をこれからも取り組んでいきたい」と話した。