ブランド復活へ飯舘産和牛で「牛丼」 福島大学食、学生は100円

 
牛丼を試食する学生ら

 「飯舘牛」のブランド復活を目指そうと、福島大は15日から、学生食堂で飯舘村産の和牛を100%使用した牛丼を提供している。校友会会員は100円で、会員以外は650円で食べられる。17日まで。

 飯舘牛は1985年ごろにブランド化されたが、震災と原発事故で生産が一時途絶えた。再ブランド化を目指す食農学類の石川尚人教授は、うまみ成分を分析して和牛肉の味を引き出した牛丼を提供し「福島県の肉はおいしいということを世界に発信していきたい」と話した。

 15日、同大で試食会が開かれ、学生や職員が味わった。大学院食農科学研究科2年の高田優花(ゆか)さんは「脂がくどくなくておいしい。あと5杯食べたい」と笑顔を見せた。