カスタムバイク、全国から集結 26日、福島のサーキットで祭典

 
カスタムライダーへの参加と来場を呼びかける大内社長(手前)と大内支配人

 3輪バイク「トライク」やサイドカー付きバイク、排気量750cc以上のバイク、カスタムバイクが全国から集結する「BIGバイク&トライクの祭典『カスタムライダー』」は26日、福島市大笹生のリンクサーキットで開かれる。同サーキットの主催で、今回が2回目。時間は午前10時~午後2時。

 当日は午前8時ゲートオープンで、午前10時から開会式を行った後、パレードラン(午前10時半と午後1時半の2回)やフェラーリなどスーパーカーの走行(午前11時半)、コース内を開放しての撮影タイム(正午)が行われる。

 飲食ブースも設けられ、本格焼き鳥やカレーライス、牛タン焼き、かき氷などが販売される。

 エントリーは1台3千円。見学は1人500円で、駐車無料。約80台の参加が見込まれており、同サーキットの大内勝行社長と大内勇樹支配人は「飲食ブースもあり、見て食べて楽しめるイベント。トライクやビッグバイクの迫力を楽しんでほしい」と呼びかけている。

 エントリーは同サーキットのホームページから。問い合わせは同サーキット(電話080・5226・8787)へ。