あすふくしまシティマラソン 交通規制に協力呼びかけ

 

 県都の中心市街地を駆ける「ふくしまシティハーフマラソン」は19日、誠電社WINDYスタジアム(信夫ケ丘競技場)を発着点に開かれる。

240518news022.jpg

 午前8時スタート予定。午前中は競技場周辺や県庁通り、渡利小前の県道が全面通行止めとなる。福島西道路や国道115号、旧国道4号などは一部車線が通行できない。福島交通の路線バスは始発便から午前8時59分発まで全線運休となる。実行委員会は協力を呼びかけている。

 前日となる18日の午後2時~同7時半、同市の街なか広場で「イブフェス」を初めて開く。ゲストランナーを務める女子日本代表で五輪4大会連続出場の福士加代子さんと青山学院大在学中に箱根駅伝で活躍したランナーの神野大地さん、木幡浩市長によるトークショーなどを予定している。

 2回目となる今大会には、全国40都道府県から4921人がエントリーした。ハーフマラソンと10キロの男女、各年代別の計22部門で行う。2キロのペア(小学生と保護者)と1キロの車いすの部も行われる。