「こだわりバイク」全国から集結 福島で祭典、レースや撮影会

 
ビッグバイクやトライクが全国から集結、大勢でにぎわった「カスタムライダー」

 3輪バイク「トライク」や大排気量バイク、派手なカスタムバイクが全国各地から集結した「BIGバイク&トライクの祭典『カスタムライダー』」は26日、福島市大笹生のリンクサーキットで開かれた。

 同サーキットの主催で、同様の祭典は昨年10月に続き2回目。車体の後部に2本のタイヤが付いたトライクなど約70台が集まった。

 サーキットコースを使ったパレードランや100メートルのレース、フェラーリやマクラーレンなどスーパーカーの走行が行われたほか、コース内を開放しての撮影タイムも設けられた。

 来場者に投票券を配布しての人気投票も行われ、飲食ブースでは焼き鳥や牛タン焼き、かき氷などが販売された。賞品がもらえるじゃんけん大会も催された。

 会場では所有者同士が情報交換する姿も見られた。会場には時折、迫力満点の音が響き、同市の篠木和幸さん(60)は「楽しみにしていた。かっこいいバイクがたくさん並んでいて、いいですね」と話していた。