松坂つり橋の再建祝う いわき・好間川、19年の台風で流失

 
新たに架けられた松坂つり橋

 2019年の東日本台風で流失したいわき市の好間川に架かる「松坂つり橋」が完成し、5月29日、同市の上好間忽滑集会所で祝賀会が開かれた。通勤や通学に欠かせない橋だったといい、地域住民らは復活を喜んだ。

 夏井川・好間川・新川水害対策促進連絡会の主催。連絡会が中心になって市に橋の復旧を要望してきた経緯があり、佐々島忠男代表が約20人の出席者を前に「住民の熱い思いが、橋の再建に結び付いた」と労をねぎらった。

 市によると、流失した橋を架け替える形で整備した。橋の長さは53.3メートルで、幅員は2メートル。事業費は約2億8千万円という。