高校生の富士登山、7月23日から2泊3日 田部井淳子基金主催

 
富士山頂に到着し、記念撮影する参加者=2023年7月(田部井淳子基金提供)

 東日本大震災からの復興支援などを目的とした「東北の高校生の富士登山」は7月23~25日、2泊3日の日程で行われる。主催の田部井淳子基金は10日まで参加申し込みを受け付けている。福島民友新聞社などの後援。

 世界的登山家の故田部井淳子さん(三春町出身)が震災で被災した高校生を元気づけようと2012年から実施。これまでに本県を中心に東北の高校生延べ749人が参加している。田部井さんが16年に亡くなってからは遺志を継いで設立された同基金が主催している。長男進也さんがプロジェクトリーダーを務める。

 参加対象は東北の高校生で定員は50人程度。応募多数の場合は選考となる。参加費は1人3000円。登山靴やザックなどは無料レンタルできる。問い合わせは同基金ホームページ内の問い合わせフォームへ。

 同基金事務局の今井洋一さんは4日、福島民友新聞社の取材に「この経験が高校生たちの人生のプラスになればうれしい」と話した。