「鮫川村長選」告示 新人2人が立候補、32年ぶり選挙戦

 

 任期満了に伴う鮫川村長選は20日、告示された。届け出順にいずれも新人で、元村総務課長の農業鈴木治男氏(68)、前村議の会社員関根政雄氏(63)の2人が立候補し、1987(昭和62)年以来、32年ぶりの選挙戦に突入した。投開票は25日に行われる。

 少子高齢化が進む中、子育て世代への支援の充実化や若者の雇用対策、村の農林業への政策などが争点。期日前投票は21~24日午前8時30分~午後8時に村役場で行われる。投票は25日午前7時~午後7時に村内7カ所で行われ、午後8時から村公民館で開票される。

 19日現在の選挙人名簿登録者数は2892人(男性1470人、女性1422人)。

◇鮫川村長選立候補者(届け出順、敬称略)
鈴木 治男 68 農業  無新
関根 政雄 63 会社員 無新

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席