福島県議選「選挙違反取締本部」設置 県警が取り締まり本格化

 
県警捜査2課に設置された看板

 県警本部と県内22署は7日、県議選(31日告示、11月10日投開票)の選挙違反取締本部を設置し、選挙違反の取り締まりを本格化させた。

 県警本部では捜査2課入り口に看板を設置。山田樹2課長は「クリーンな選挙が行われることを期待する。違反を見つけた場合は厳しく取り締まっていく」と話した。同課によると、6日までの警告は文書頒布など3件3人で、前回(2015年)より2件2人減少。前回の選挙では計50件、52人に違反があった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席