新人・蛭田氏が立候補正式表明 矢吹町長選、農業振興など示す

 

 任期満了に伴い12月17日告示、同22日投票で行われる矢吹町長選で新人の会社役員蛭田泰昭氏(61)は11日、白河市で記者会見し、無所属で立候補することを正式表明した。

 蛭田氏は産業と農業の振興、少子高齢化対策、若者の雇用創出などに取り組む姿勢を示し「矢吹町は交通の要衝で物流などの拠点になり得る。それを生かす施策が必要だ」と述べた。

 同町長選では、現職の野崎吉郎氏(64)=4期=は明確な態度を明らかにしていない。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「福島県議選」自民が過半数31議席獲得 国民民主は1減10議席