熊本の生徒から応援ビデオメッセージ 福島県沖地震受け、県庁で放映

 

 福島県沖を震源とした2月の地震被害を受けて、熊本県熊本市の湖東中から応援のビデオメッセージが福島県に届けられた。4月16日まで県庁の県民ホールで放映されている。

 動画は約2分。生徒は熊本地震で被災した際、福島県を含む全国からの支援で不安が和らいだ体験を踏まえ、福島県の助けになればと動画を撮影した。

 「一同応援している」「助け合いが復旧には必要」などと呼び掛けているほか、頑張れを意味する熊本の方言「がまだせ」とのエールも寄せられている。

 放映時間は午前9時30分~同10時30分、午後2時~同3時。