地震で被災の矢吹町図書館が全面再開 学生ら復旧協力

 
再開した図書館で本を選ぶ利用者

 3月の本県沖を震源とする地震で本棚の本が床に落ちる被害があった矢吹町の複合施設「KOKOTTO(ココット)」内にある矢吹町図書館は12日、営業を全面再開した。

 同図書館は3月の地震で、本棚に並ぶ本のほとんどが床に散乱した。職員のほか、図書館を利用する学生らがボランティア活動を行い、復旧に至った。

 通学途中に同図書館を利用するという須賀川桐陽高2年の渡辺真凛さん(16)は「閉館している期間は不便だった。再開してくれてとてもうれしい」と笑顔を見せた。

 同図書館の菊池秀子館長は「ボランティアの方に感謝している。また皆さんに来てもらって、本をたくさん借りてほしい」と再開を喜んだ。

 時間は平日午前9時30分~午後7時。土、日曜日、祝日は午前9時30分~午後6時。月曜日、月末の金曜日休館。問い合わせは同図書館(電話0248・44・3595)へ。