相馬市、地震で被災 半壊以上家屋などの公費解体受付始まる

 

 相馬市は25日、市役所で3月の地震で被災した家屋などの公費解体の受け付けを始めた。時間は平日午前9時~午後5時。対象は罹災(りさい)証明書で全壊、大規模半壊、中規模半壊、半壊と判定された家屋と、同様の判定を受けた納屋、事業所、店舗、空き家など。個人、中小企業の所有に限られる。

 罹災証明書、印鑑証明書、身分証明書、固定資産評価証明書、建物の外観が分かる写真が必要になる。

 また、自費で解体、撤去した場合は、所有者に基準額の範囲内で工事費用を償還する。

 問い合わせは市生活環境課(電話0244・37・2143)へ。