「復興産業拠点」整備状況を確認 福島・双葉で現地視察ツアー

 
「復興産業拠点」を視察する参加者たち

 東京電力福島第1原発事故に伴い全町避難が続く双葉町は1日、同町中野地区に整備を進める「中野地区復興産業拠点」の現地視察ツアーを開き、参加者が産業拠点の整備状況などを確かめた。

 ツアーは町内への立地に関心のある企業の経営者や担当者を対象に、産業拠点などの状況を知ってもらい、立地検討を進めてもらおうと開催。建設業や製造業など県内外の約20事業者が参加した。

 参加者は産業拠点の整備予定地で担当者から整備状況や周辺の空間線量などの説明を受けたほか、特定復興再生拠点区域が整備されるJR双葉駅周辺なども訪れた。

詳しくは双葉町復興ポータルサイトへ