津波不明者を一斉捜索 大震災8年6カ月、福島県・浜通り各署

 
行方不明者の手掛かりを探すいわき東署員

 東日本大震災から8年6カ月となった11日、浜通りのいわき中央、いわき東、いわき南、南相馬、双葉、相馬の各署は、管内の海岸などの沿岸部で津波による行方不明者の一斉捜索を行った。

 このうち管内で4人が行方不明となっているいわき東署は、いわき市小名浜下神白の海岸などで行い、署員15人が参加した。

 海岸では本名彰警備課長らが、警杖などで砂をかき分け、行方不明者の発見につながる手掛かりを探した。海上からは警備艇「おなはま」も捜索した。

 県警によると、双葉署と相馬署管内の捜索場所で、骨とみられる破片を各1点ずつ発見した。県警は鑑定作業を行う。