「地域職業相談室」が業務再開 浪江、住民の帰還促進へ

 
再開を祝い看板を除幕した吉田町長(左から3人目)ら

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で休止していた「浪江町地域職業相談室」は3日から、浪江町のサンシャイン浪江で業務を再開した。

 同日は再開セレモニーが行われ、関係者が職業紹介業務を通じた住民の帰還促進を願った。

 式典では、吉田数博町長が「積極的に雇用創出を進め、町民の帰還促進を図っていきたい」とあいさつ。岩瀬信也福島労働局長らと看板を除幕した。

 相談室は、地域住民の就職促進を目的に2009(平成21)年に設置された。

 開設時間は平日午前9時~午後4時。

 問い合わせは同室(電話0240・34・2416)へ。