JR東海の鉄道館500万人突破 リピーター順調

 
 「リニア・鉄道館」の500万人目の入館者となり、記念品を贈られた高田知穂さん(後列左)一家=13日、名古屋市

 JR東海が運営する博物館「リニア・鉄道館」(名古屋市)の入館者が13日、500万人に達した。東海道新幹線を中心に、蒸気機関車(SL)やリニアモーターカーの車両を展示しており、リピーターや外国人観光客を順調に増やした。

 500万人目の入館者として記念品を贈られたのは、家族5人で訪れた三重県四日市市の高田知穂さん(32)。電車好きの長女優芽さん(6)と長男翔真ちゃん(3)と10回ほど来ているといい、「夏休みに最大の思い出ができて良かった」と話した。

 鉄道館は2011年3月に開館した。新幹線「N700系」など実物車両を39両展示している。