英議長「合意なき離脱阻止可能」 休会受け入れず

 

 【ロンドン共同】英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、バーカウ英下院議長は13日、混乱必至の「合意なき離脱」を議会が阻止できるとの見解を示した。ジョンソン首相は「何が何でも」10月末に離脱するとし、議会を休会させてでも断行する選択肢を排除していないが、バーカウ氏は休会を受け入れないと述べた。14日付英紙デーリー・テレグラフが伝えた。

 北部スコットランドで講演したバーカウ氏は、方法は明確にしなかったが、阻止のため「粉骨砕身する」と語った。

 議会では合意なき離脱への反発が根強く、7月には阻止するための法案を賛成多数で可決した。