米中西部、貿易交渉に期待

 
 東京都内で開かれた日本・米国中西部会日米合同会議=10日

 2020年の米大統領選の鍵を握る米中西部の各州と日本の経済人らによる「日本・米国中西部会日米合同会議」が10日、都内で開かれた。日米貿易交渉に期待する発言が米国側から出た一方、日本側からはトランプ大統領の通商政策への批判も相次いだ。

 ダウ・ケミカル(本社ミシガン州)日本法人のピーター・ジェニングス社長は貿易交渉に関連し「自動車と農業だけではなく、ほかの企業(の分野)も含めるべきだ」と訴えた。「今ほど米国への投資に適した時はない」と投資拡大も求めた。

 中西部は大統領選の重要州が多く、これらの州の要望はトランプ政権の対日交渉姿勢にも影響を及ぼしそうだ。