産経、記事酷似で神戸新聞に謝罪 兵庫県版の連載取り消し

 

 産経新聞社は11日、兵庫県版で連載した無人島キャンプに関する記事が、神戸新聞が昨年連載した記事と酷似しているとして取り消し、神戸新聞社に謝罪したと明らかにした。関係者の処分を検討している。

 産経新聞社広報部によると、姫路支局の男性記者(46)が今年8月、同県姫路市の無人島で中学生向けの「サバイバルキャンプ」に同行取材し、8月18~20日付朝刊に3回連載された。

 同じキャンプを題材にした記事は昨年8~9月に神戸新聞が4回連載しており、同社から「酷似した表現が本文中や写真説明に多数ある」と指摘があった。