原発の耐震審査の手法見直し

 

 原子力規制委員会は11日、原発の耐震性の審査手法を一部見直す方針を決めた。見直すのは、地表に痕跡のない「未知の震源」に関する審査手法で、再稼働済み原発に停止は求めないが、審査の一部をやり直す。