イメージキャラ懸け勝負 りんごちゃんと羽野晶紀

 
 肌の水分量を測るりんごちゃん(右)と羽野晶紀=東京都内

 物まねタレントの「りんごちゃん」と女優の羽野晶紀が、東京都内で開かれた機能性表示食品「天使のララ」のリニューアル記念発表会に出席。「肌の潤いに役立つ」という商品のイメージキャラクターの座を懸けて、肌の水分量で勝負した。

 これまで12年間イメージキャラを務めてきた羽野は、自身より「リンゴ20個分(20歳)くらい若い」ライバルの登場に戦々恐々。「ハンディが欲しい」とぼやきながら測定器を肌に当てた。結果はわずかの差で羽野が勝利し、ほっとした表情を浮かべた。

 惜しくも敗れたりんごちゃんには、商品の販売会社の本社がある鳥取県を代表して出席した平井伸治知事から救いの手が。同県名物のナシにちなみ「『ナシちゃん』に改名して、県のキャラクターになってほしい。いつでも住民票を移してください」と、熱烈なラブコールを受けた。

 最後は商品名にかけて大黒摩季の「ら・ら・ら」を歌うことになったりんごちゃんだが、大黒ではなく武田鉄矢と大友康平の物まねをしながら熱唱。「最近この2人のまねをしすぎて、勝手に(声が)降りてきちゃいました」と笑いを誘った。