桐生、小池が百メートル代表に 27日開幕の世界陸上

 

 日本陸連は11日、ドーハで27日に開幕する世界選手権代表を追加発表し、男子100mは桐生祥秀と小池祐貴が、既に決まっていたサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)に加えて名を連ねた。同200mは小池、山下潤、白石黄良々で、出場権を持つサニブラウンは回避した。

 今夏に日本記録を樹立した男子走り幅跳びの城山正太郎、女子100m障害の寺田明日香も代表入り。男子は棒高跳びの山本聖途、沢野大地ら、女子は1万mの新谷仁美らが加わった。男子3000m障害の塩尻和也は右膝故障で辞退した。

 男子の400mリレー要員にはケンブリッジ飛鳥と多田修平が入り、山県亮太は外れた。