東京円、108円台前半

 

 13日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台前半で取引された。8月1日以来、約1カ月半ぶりの円安ドル高水準。

 午前10時現在は前日比32銭円安ドル高の1ドル=108円22~23銭。ユーロは86銭円安ユーロ高の1ユーロ=119円74~78銭。

 米中貿易摩擦への懸念が後退し、安全資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢だった。トランプ米大統領が12日、貿易問題で対立する中国と暫定的な合意を検討する可能性があると発言したことが材料視された。

 市場では「連休を控えた持ち高調整や利益確定で円を買う動きもあり、下値は堅かった」との声があった。