あおり、業務妨害疑いで立件検討

 

 茨城県の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、傷害容疑などで逮捕された宮崎文夫容疑者(43)が、浜松市の新東名高速道路で6月に乗用車でトラックに追突された事故について、静岡県警が宮崎容疑者のあおり行為が原因だったとの見方を強め、威力業務妨害容疑での立件を検討していることが13日、捜査関係者への取材で分かった。県警は宮崎容疑者の黒い乗用車を押収し、詳しい状況を調べる。

 捜査関係者によると、トラックの男性運転手は当時、運送業務中だったため、県警は同容疑が適用できると判断。あおり行為を同容疑で立件するのは珍しいという。