33歳男、小6娘に傷害疑い 北九州「しつけのため」

 

 福岡県警小倉北署は13日、小学6年の娘(12)を蹴るなどしてけがを負わせたとして、傷害の疑いで北九州市小倉北区の無職の男(33)を逮捕した。署によると、男は「しつけのためにやった」と話す一方で「間違っているところもある」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は7月10日午後10時ごろから約2時間、蹴ったり殴ったりした上、シャワーを浴びせて頬や腰付近に内出血させた疑い。

 署によると、男はこの娘ら子ども2人と暮らしていた。7月中旬に虐待の疑いがあると児童相談所から通報を受け、署が捜査していた。