元パラリンピック選手、機上張り付く 離陸前、英空港で温暖化防止訴え

 
 10日、ロンドン東部のロンドン・シティー空港で離陸前の航空機の上に横たわるデモ参加者(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】ロンドン東部のロンドン・シティー空港で10日、地球温暖化防止を訴えるデモ参加者の男が離陸前の航空機の上に乗って動かず、警察に拘束された。男は視覚障害者で、パラリンピックの自転車競技の元選手という。英メディアが報じた。

 シティー空港には、温暖化の原因となる温室効果ガスの排出が多い航空機の運航を妨害するため、多くのデモ参加者が集結していた。男は乗客としてフライトを予約し、航空機に接近したとみられる。

 ロンドンでは7日から、英政府に徹底した温暖化防止策を求める大規模デモや路上占拠が続いているが、暴動や警官隊との大きな衝突は起きていない。