成田空港は着陸停止で調整 運休による到着客の足止め回避へ

 
 台風19号に備え、成田国際空港会社が実施した混雑を解消させるための訓練=11日午後、成田空港

 台風19号による成田空港到着客の足止めを避けるため、成田国際空港会社(NAA)や国土交通省が、空港と首都圏を結ぶ主要路線の計画運休に合わせ、12日に着陸の受け入れを停止する方向で調整に入ったことが11日、関係者への取材で分かった。空港利用者の滞留回避を目的とした着陸停止は異例。

 JR成田線は12日昼頃までに運休し、高速バスも運休が見込まれている。関係者によると、着陸停止は主要交通が遮断され、空港内に最大1万7千人が足止めされた9月の台風15号通過時の教訓を踏まえた措置という。鉄道などの運行状況をみて解除時期を判断する。