米、サウジに約2千人増派 戦闘機やミサイル部隊

 
 記者会見するエスパー米国防長官=11日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】エスパー米国防長官は11日に記者会見し、中東情勢の不安定化を受け、サウジアラビアに米軍を増派すると発表した。米メディアによると、増派される米兵は約1800人。新たに戦闘機やミサイル迎撃のための部隊を派遣し、サウジ駐留の米軍部隊を計3千人規模に増強する。

 エスパー氏は増派の理由について「サウジは長年、中東地域の安全保障のパートナーで、追加支援の要請があった」と説明。ホルムズ海峡周辺で日本のタンカーなどが攻撃された事件を踏まえ、中東地域全体で5月以降、計1万4千人を追加派兵しているという。