川崎通り魔、無期懲役求刑 殺人罪の39歳男に検察

 
 鈴木洋一被告

 川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、帰宅途中の黒沼由理さん=当時(27)=が刺殺された通り魔事件で、殺人罪に問われた無職鈴木洋一被告(39)の裁判員裁判の論告求刑公判が2日、横浜地裁(景山太郎裁判長)であり、検察側は無期懲役を求刑した。判決は13日に言い渡される。

 検察側は論告で、黒沼さんの腹部をいきなり強く刺し背中まで貫通させており、強固な殺意があったと強調。「被告は好みのタイプの女性が死ぬ間際に見せる苦しむ表情が見たかった」と指摘し、「理不尽極まりない通り魔殺人で、犯行態様は残虐。快楽殺人の可能性が高い」と非難した。