小川前監督がヤクルトGM就任へ 球団では初の役職

 
 取材に応じる、ヤクルトのGM就任が決まった小川淳司前監督(左)と衣笠剛球団社長=3日、東京都内

 ヤクルトの衣笠剛球団社長は3日、小川淳司前監督が来季からゼネラルマネジャー(GM)に就任すると明らかにした。球団としては編成面と運営面を管理するGM職を置くのは初めて。2020年1月1日付で正式にGMに就き、複数年を任せる。

 東京都内の球団事務所で、衣笠社長は「大所高所からチームを見てほしい。強いチームづくりとスムーズな運営を」と期待した。小川前監督は「身の引き締まる思い。とにかく球団のために全力で務める」と話した。

 小川氏は2018年から2度目の監督を務めたが、今季、セ・リーグ最下位となった責任を取り退任した。