太陽へ無人探査機を打ち上げ 欧州と米国の宇宙機関

 
 無人探査機「ソーラーオービター」を打ち上げたアトラス5ロケット=9日、米フロリダ州(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】太陽に接近して太陽風や磁場などの活動を調べる無人探査機「ソーラーオービター」を、欧州宇宙機関(ESA)と米航空宇宙局(NASA)が9日打ち上げた。大きな楕円軌道を描いて太陽を周回しながら、地球から観測するのが難しい太陽の両極周辺を詳しく調べる。

 人工衛星や電子機器に異常をもたらす太陽フレアの発生など、太陽活動の変化を監視する宇宙天気予報に役立てる狙い。

 探査機はESAとNASAが共同開発し、10種類の観測装置を搭載。米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地からアトラス5ロケットで打ち上げた。10年かけて太陽活動のメカニズム解明を目指す。