瀬取り7割超が中国船か、国連 北朝鮮の石炭、制裁逃れ

 
 昨年3月、東シナ海の公海上で「瀬取り」を行ったと疑われる北朝鮮タンカー(左)と船籍不明の小型船舶(防衛省提供)

 【ニューヨーク共同】北朝鮮が2019年1~8月、国連安全保障理事会の制裁決議に違反して計約370万トン(推定3億7千万ドル=約406億円相当)の石炭の密輸出を繰り返し、このうち7割超に当たる約280万トンが、北朝鮮船から中国船へ海上で移し替える「瀬取り」の手口で中国へ運ばれたとみられることが10日分かった。

 安保理北朝鮮制裁委員会の専門家パネルがまとめた年次報告書の内容を外交筋が明らかにした。報告書が瀬取りに使われた船の船籍や搬入先を詳細に指摘するのは珍しい。