「アクリル板は壊していない」と樋田被告

 

 大阪府警富田林署から逃走したとして加重逃走などの罪に問われた樋田淳也被告(32)は13日、大阪地裁堺支部で開かれた初公判で「逃走したことは認めるが、アクリル板を壊したのは私ではない」と同罪の成立を争う姿勢を示した。